体験入店を決意!

紫の花

マキです!

お正月気分でマッタリしていたら、すっかり更新が遅れてしまいました…m(_ _)m
そうそう。巫女さん!楽しかったですよ♪
寒かったけれど…

 

でも、寒くってもあの紅白の巫女装束を着ると、テンションが一気に上がりました♪
そして、言葉遣いも仕草も何やら自然と神妙になるんですよねぇ…。

 

『不埒な巫女さんしてきました!』って報告したかったのですが、普通に
『清純な巫女さんを演じて』きましたヨ♪(笑)
さて。今日は、前回の続き。検査が終了したあとの話です。

「体験入店を決意!」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その1】

紫の蝶

こんばんは、マキです♪

年明けから、意外に暖かい日が続いていましたが…金曜日以降、寒波が
来るらしいですね(^ ^;
本当に寒いのが苦手な私は、もう今から憂鬱です…。
常夏の国に旅立ちたい…(笑)

さて、気持ちだけ常夏の国に飛ばしておいて(笑)

 

前回の続き。今日は『研修』を受けるところから書きますね。

「風俗の研修の巻【その1】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その3】

紫の光

こんばんは♪マキです。

今日から一気に寒くなっていきそうですね…。
さっき、コンビニまで自転車で行ったら、寒くって凍えそうでした(泣)

冬だけは本当に車で移動したい…でも実はペーパードライバーなんですよね(^ ^;
練習したいのですが、皆、嫌がって付き合ってくれないし…(笑)

さて、風俗の研修の巻【その2】の続きです♪

「風俗の研修の巻【その3】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その4】

紫の花

風俗の研修の巻【その3】の続きです♪

書き出すまで、「研修の場面ってちょっと長くなりそう」って思ってました。
「ちょっと」って(笑)
いやー、書き出すと「かなり」長くなりそうです(^ ^;

沢山続いてしまうと思いますが、一番お仕事の内容を教えてもらった
重要な部分なので、コレは省けないんです(泣)

どうぞごゆるりとお付き合いくださいね。
さて。
無事に『お客さんをお出迎え→挨拶→お部屋までご案内』までを済ませた私。

「風俗の研修の巻【その4】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その5】

バイオレットの花

いつもありがとう、マキです♪

いやあ…それにしても、冷えますね…。

最近あまりに寒いので、夜寝る前にちょこっとだけホットワインを飲む事に
ハマっています♪
あまりお酒に強い体質ではないので、本当にすこ〜しだけ。

芳醇な香りに、妖艶な紅い色…。
ホクホクしながら、あたたかいホットワイン少しだけ飲んだ後、ベッドに入る時の幸せ感と言ったら…!

 

えっと…思い出し幸福感に浸ってないで、風俗の研修の巻【その4】の続きを
書きます(笑)

「風俗の研修の巻【その5】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その6】

染色されたバラ

こんばんは♪マキです。
連休ですね♪皆さん、どのように過ごしてらっしゃいますか?

私は、読みたいと思って買っていた本を読んだりしてマッタリと過ごしています♪

そうそう。最近、加湿器を買ったんですよ。気管支が弱いほうなので、喉にいいんじゃないかと思って。

買ってきた日の晩。張り切って『強』にして眠りました。
起きたら…

『ここは霧のロンドンか!?』っていうくらいのジャングル状態になっておりました(^ ^;

皆さん、加湿器の『加湿のしすぎ』にご注意を!(笑)
では、【その5】の続きです。

「風俗の研修の巻【その6】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その7】

南国の夕焼け

こんばんは♪マキです。

今回で【その7】(笑)
自分でも驚く位に「研修の巻」が異様に長くなってしまっています(笑)

元々は、「風俗の研修はこんな感じです♪」という風に、さらりと紹介しようかなと思っていただけなんですが…。

『自分の記憶を文章に書きおこす』

という作業が、やってみるとあまりにも楽しくて…(笑)

まだまだしばらく続きそうですが、どうぞお付き合い下さいm(_ _)m

では【その6】の続きからです。

「風俗の研修の巻【その7】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その8】

雫のついた紫花

いつも読んでくれてありがとうございますm(_ _)m
マキです♪

前回から、段々と内容が「風俗」っぽくなってきて(そりゃそうだけど(笑))
書きながら『官能小説』を書いている気持ちになってきています(爆)

今後、更に過激さを増すかもしれませんが、皆さん大丈夫ですかー?(^ ^;
呆れずに、付いてきてくださいね(笑)

その7の続きからです。

「風俗の研修の巻【その8】」の続きを読む…

風俗の研修の巻【その9】

綺麗な海辺

こんばんは♪

最近一気に「過激度」が上がってきていて、書きながら一人で

「恥ずかしい…官能小説みたいになってる…あぁ、恥ずかしい…」

とブツブツ呟いているマキです(笑)

一気に書いちゃった後、ちょっと読み直して「えいっ」と投稿ボタンを押す瞬間…

これが結構勇気がいります(^ ^;

でも、読んで頂けているだけで有り難いのに、最近ではコメントまで頂いてしまってありがとうございますm(_ _)m
自分の書いた文章に対して『面白いです!続きが読みたいです!』と言ってもらえるなんて…。

あぁ…『昔、風俗嬢やっててよかった!』(笑)

 

では、今日もお付き合いくださいね♪

【その8】の続きです。

「風俗の研修の巻【その9】」の続きを読む…